IOSS Enjoy Your PC Life with IOSS Products!   WEB SHOP
  home > Japanese > RD1 BIOS Savior > FAQ
Sub-Category


 
 
 
TOP | 選択チャート | 選択シート | 装着方法 | 使用方法 | BBS | 動作LIST | FAQ | ヒント


RD1についてよくある質問をまとめました。
ご購入前、購入後疑問がわいた時は是非ご一読ください。随時追加してまいります

 オーバークロック状態でのBIOS更新は?

 パッケージに書いてある長い数字とアルファベットはなんですか?

 AMI Flashを使っていますが、書きこみできません

 使用できないマザー(BIOS FlashROM)は?

 Abit社BH6でRD1は使用できますか?

 私の使っているパソコンは、RD1のどれが使えますか?

 別々のBIOSの設定をRD1スイッチを切り替えて行いましたが、最後に設定した状態がその前に設定した時のRD1スイッチ設定にしても表示され、保存されないようです。正しく書込まれているのでしょうか?

 RD1に異なったBIOSバージョンのデータを書きましたが、スイッチを切り替えて起動するたびに、CMOS Check Sumエラーなどが出て、毎回BIOS設定しなければなりません。どうしてですか?

 RD1にBIOSバックアップを取ったあと、オリジナルのROMを取り除いた状態で使用できますか?

 拡張スロットが全て占有されていて、スイッチを取り付けられません。

 Awdflashユーティリティを使うと、Insufficient Memoryのメッセージが出てBIOSの更新ができません。

 Aopenのマザーボードを使っていますが、EasyFlashというBIOSデータと更新ユーティリティが一体になったものでどうやってBIOSデータをバックアップすればよいかわかりません。

 Awdflashで、白以外のバーが表示されましたが良いのですか?

 RD1を装着したら、元のBIOSからも起動しなくなりました

 RD1を取り付けてBIOSを書き込みましたがRD1から起動しません。

 RD1からは起動するのですが、オリジナルROMから起動しません

 AMI Flashを使っていますが、正しく書込めません

 同じモデルですが、BIOS更新に失敗した別のシステムのBIOSを復旧させることはできますか?

 違うモデルですが、BIOS更新に失敗した別のシステム(別メーカー含む)のBIOSを復旧させることはできますか?

 RD1を複数重ねて使用できますか?

 2Mbitのシステム上でRD1-2Mを持っています。この上で1MbitのROMの書き込みができますか?

 1Mbitのシステム上でRD1-1Mを持っています。この上で2MbitのROMの書き込みができますか?


 
 オーバークロック状態でのBIOS更新は?
オーバークロック状態でのBIOS更新は失敗する可能性がありますのでお止めください。 特にジャンパーレスマザーボードの場合、電源OnでBIOSを読み込んでいる時点ではノーマルで動き出しますので、あたかもオーバークロックに追随していると思うかもしれません。書き込み時は、オーバークロックされた状態で書き込みしますので、タイミングが合わず書き換え失敗が起こる可能性は非常に高くなります。
 
 パッケージに書いてある長い数字とアルファベットはなんですか?
暗号と呼ぶには程遠いですが暗号です。これが解読できたら、ハッカーの第0.001歩です。解読できると幸せになれるかもしれません。でも、苦労しただけのことがないと思う人も多々あるかもしれません。
他にも暗号隠しをしてあるかもしれません(ロットで消しちゃってるかもしれないので)。暗号を見つけるといいことがあるかもしれません。その暗号は今までにその存在を見つけたとう報告は2名しかありません。
いっちょがんばってみようという方、秘密のアドレスにてお待ちしております。
 
 AMI Flashを使っていますが、書きこみできません
AMI Flashのバージョンによっては、RD1購入後はじめての書きこみができないことがあります。同じAMIFlashでも別のバージョンを使ってみてください。
 
 使用できないマザー(BIOS FlashROM)は?
マザーボードで使われているFlashROMで、Award Flashユーティリティ(Ver.7.89)のサポートしているものの一覧が下記です。AMI BIOSの場合もほぼ同様のFlashROMに対応しています お使いのマザーがどのFlashROMを搭載しているかは、Awdflash.exe(マザーボードメーカーにより名称が異なります)あるいは、AMIFlash.exe(同)を実行し、表示されるFlashROMのタイプで確認ください。なお、名称確認だけの目的でプログラムを実行する時は、書きこみ/更新操作を行わないでください。Awdflash.exeの場合、「Program file name:」で、何も記入せず [Enter」この時点で上部にモデル名が表示されるはずですが、表示されない場合は、[Save to File?]で、[Y]と答え適当なファイル名を入力し継続すると、モデル名が表示されます。
下記の表の中で、Remark(各行の最後)にx印の付いたものは、2000年12月現在販売しているRD1シリーズで対応できません。x印は、FWH(Firmware Hub Intel 810,810E,815,815E,815EP,820,820E,840,850,SiS730Sチップセット用)以外の3.3V品に付けてあります。 市販されているマザーボードのほとんどは、5V品が使われていますが、極一部で3.3V品の利用が行われているようです。RD1ご購入前に是非ご確認ください。 3.3V動作のFWH搭載マザーボードはRD1-8Xがお使い頂けます。
Maker	Model		Size	Voltage	 Remar
AMD	Am29F010B	1M	5V	
	Am29F002(N)B	2M	5V	
	Am29F400	4M	5V	x

AMIC	AMIC A29002	2M	5V	

ATMEL	AT29C010A	1M	5V	
	AT49F001T	1M	5V	
	AT29C020 	2M	5V	
	AT49F002T	2M	5V	
	AT29LV020 	2M	3.3V	x

Bright	BM29FS020	2M	5V	

CSI	CAT28F001	1M	12V	
	CAT28F002	2M	12V	

EON	EN29F002T	2M	5V	
	EN29F040	4M	5V	x

HYUNDAI	HY29F002	2M	5V	

MICRONANOTECH	IM29F002T	2M	5V

Intel	i28F010		1M	12V	
	i28F001BX-T	1M	5V	
	i28F002BX-T	2M	5V	
	i28F004BX-T	4M	5V	x
	N82802AB	4M	3.3V	FWH
	N82802AC 	8M	3.3V	FWH x

Megawin	MM29F040	4M	5V	x

Moselvitel	V29C51001	1M	5V
		V29C51002	2M	5V
		V29C51004 	4M	5V x

MXIC	MX28F1000P	1M	12V	
	MX28F001PPC	1M	12V	
	MX29F001T	1M	5V	
	28F002TTC	2M	12V	
	MX28F2000TPC	2M	12V	
	MX28F2000PPC	2M	12V	
	MX29F002T/NT	2M	5V	
	MX29F022T/NT	2M	5V	
	MX29F004T	4M	5V	

PMC	PM29F002C	2M	5V	

SST	SST28EE010	1M	5V	
	SST28EE011	1M	5V	
	SST28SF040A	4M	5V	
	SST29EE010	1M	5V	
	SST29EE020	2M	5V	
	SST29LE020	2M	3.3V	x
	SST39SF010	1M	5V	
	SST39SF020	2M	5V	
	SST39VF020	2M	3.3V	x
	SST49LF002	2M	3.3V	FWH x
	SST49LF004	4M	3.3V	FWH
	SST49LF002A	2M	3.3V	FWH x
	SST49LF004A 	4M	3.3V	FWH

SGS-Thomson	M29F002T	2M	5V	
		M29F400T	4M	5V	
		M50FW040	4M	3.3V	x

Winbond	W29EE011	1M	5V	
	W29C020		2M	5V	
	W29C040		4M	5V	
	W49F002U	2M	5V	
	W49V002		2M	3.3V	x
	W49V002F 	2M	3.3V	x

 
 Abit社BH6でRD1は使用できますか?
RD1-PLをご利用ください。
従来から販売しています、RD1-2MではROMの形状が違うために使用できません。
 
 私の使っているパソコンは、RD1のどれが使えますか?
選択方法は以下をご覧ください。
http://www.ioss.com.tw/web/Japanese/RD1BIOSSavior/SelectionChart.html
弊社およびユーザの皆様から寄せられた動作実績リストはこちら
http://www.ioss.com.tw/jp/rd1/list.html
このリストに掲載されていなくても、この選択方法情報を元に選択していただければよいでしょう。
また、皆さんから動作レポートを以下のページでお待ちしています
http://www.ioss.com.tw/jp/rd1/report.html
レポート頂いた方には不定期でIOSSから発売前の新製品情報や特別販売などのご案内をお送りしております。
 
 別々のBIOSの設定をRD1スイッチを切り替えて行いましたが、最後に設定した状態がその前に設定した時のRD1スイッチ設定にしても表示され、保存されないようです。正しく書込まれているのでしょうか?
BIOSセットアップで表示され変更可能な項目のほとんどは、CMOSとよばれる、BIOS ROMとは別の場所に保存されています。RD1は、BIOSプログラムデータをバックアップ保存する製品ですので、異なったBIOS設定を切り替えることはできません。
 
 RD1に異なったBIOSバージョンのデータを書きましたが、スイッチを切り替えて起動するたびに、CMOS Check Sumエラーなどが出て、毎回BIOS設定しなければなりません。どうしてですか?
CMOSとよばれる、特別なメモリの利用の仕方の一部は、BIOSによって決められています。
同じメーカーの同じマザーボードでも、BIOSのバージョンによって、これらのCMOSメモリの利用の仕方が異なる場合は、スイッチ切り替えの度にBIOS設定が必要になります。
 
 RD1にBIOSバックアップを取ったあと、オリジナルのROMを取り除いた状態で使用できますか?
可能です。
バックアップという点では、オリジナルを別の場所に保管してのが一番安全です。
 
 拡張スロットが全て占有されていて、スイッチを取り付けられません。
RD1スイッチモジュールは、シリアルポートコネクタと同じ穴の位置になっています。
大抵のパソコンケースには、拡張用のD-Sub9ピン(シリアルポートなどでよく使われている)のコネクタ用ホールがあって、穴が塞がれた状態になっています。
それを開け、RD1スイッチモジュールを取り付けて下さい。
 
 Awdflashユーティリティを使うと、Insufficient Memoryのメッセージが出てBIOSの更新ができません。
まず、Awdflash.exeの入っている起動ディスクに、システムとAwdflash.exe以外のものが含まれていないか確認して下さい。
Windowsなどで、ディスクのフォーマットをする時に、「システムのコピー」を選択して行っただけのディスクに、Awdflash.exeをコピーしただけのものが最適です。
または、DOSプロンプトでformat A: /sで作成したものにAwdflash.exeでも同じです。
このシステムで起動すると、日本語キーボードをお使いの場合は、キートップ表示と、実際に入力される文字が異なりますので注意して下さい。
Awdflashがバージョン7以上であれば、/F オプションを付けて実行してください。
 
 Aopenのマザーボードを使っていますが、EasyFlashというBIOSデータと更新ユーティリティが一体になったものでどうやってBIOSデータをバックアップすればよいかわかりません。
AopenのWebサイトからAoflash.exeをダウンロードし、これを実行して見てください。
マザーボードによっては動作しないこともあります。
他のメーカーのAwdflash.exeで動作することもありますので試して見てください。
バックアップを行わないでも、必要なバージョンのBIOSの含まれているEasyFlash形式のBIOSを用意し、RD1スイッチを切り替えて、直接書込むのもよいでしょう。
 
 Awdflashで、白以外のバーが表示されましたが良いのですか?
AwdflashのVer.7.xでは、正常書き込みが白、書き込みスキップが青、書き込みエラーが赤で表示されます。
ほとんどの場合、青はBIOS更新の最後の方に少しだけ出るだけです。
これらは、DMI情報などを保存するために設けられた領域で、BIOSプログラムとは直接関係ないため、書き込みがスキップされます。
赤色が表示された時は、RD1あるいは、オリジナルのROMへのアクセスに何らかのエラーが発生していることになります。
RD1を初めて使用しているときは、初回書込み時に赤色が表示されることがあります。
この時は、2回書込みを行って下さい。
 
 RD1を装着したら、元のBIOSからも起動しなくなりました
RD1のピンなどにゴミが付着していないか確認してください。

RD1-1M,RD1-2Mの場合は、ピンに透明の樹脂が付着していることがあります。添付のブラケットの腹の部分などを使って、軽くこすってみてください。

RD1-PL,RD1-8Xの場合は、金メッキされたコネクタ上にゴミが残っているかもしれません。このときも添付のブラケットの腹の部分などを使って、軽くこすってみてください。


頻繁なROMおよびRD1の抜き差しは接触不良の原因となるとともに、ROMのピンやソケットを損傷することに繋がりますのでご注意ください。
 
 RD1を取り付けてBIOSを書き込みましたがRD1から起動しません。
購入されて始めて書き込みをする時は、1回の書き込みでは正しく書き込みが完了しないことがあります。
2回書き込みをして見てください。
また異なったシステムにRD1を乗せ替えた時も同様の問題が生じる可能性があります。
この場合も2回書き込みをしてください。
さらに、CMOSクリアを行わないと正常に起動しなかったり、動作が不安定になったりすることもあります。
CMOSクリアも確かめてください。
/cc /cd /cp オプションを付けてAwdflashを実行するとCMOSクリアがBIOS更新時に自動的に行われるため便利で確実です。
 
 RD1からは起動するのですが、オリジナルROMから起動しません
オリジナルROMの接触不良がないか、よくソケットを確認してください。
 
 AMI Flashを使っていますが、正しく書込めません
RD1スイッチを切り替えた時に、Mainメニューで、Auto Detectを実行して下さい。
これを実行しませんと、スイッチを切り替える前のROMへのアクセス方式で書込みを行おうとし、書込みに失敗します。
 
 同じモデルですが、BIOS更新に失敗した別のシステムのBIOSを復旧させることはできますか?
BIOSチップ自身が壊れていなければ、次の手順で復旧できるでしょう。
自己システムをA。
壊れたシステムをBとすると、
1. RD1を装着したA上で、AのBIOSをバックアップし、RD1に書込みます。
2. RD1からのシステム起動ができるのを確認して、AのオリジナルROMを取り除きます。
3. BのROMをA上のRD1に装着しRD1から起動します。
4. 1でRD1に書込んだデータをRD1スイッチを"MAIN"もしくは"ORG"に切り替え、書込み作業を行います。
5. BのROMから起動できるのを確認して、ROMを取外しBへ戻します。
6. 元のAのROMをRD1に戻します。

RD1へのROMの抜き差しや、RD1自身のシステムへの頻繁な抜き差しは接触不良の元となるため推奨しません。
このQ&A項目は弊社のRD1としての性能保証の対象外となります。ご自身に責任においてご利用ください
 
 違うモデルですが、BIOS更新に失敗した別のシステム(別メーカー含む)のBIOSを復旧させることはできますか?
以下の条件でできる場合があります。
いくつか実績もあります。
・同一ROMサイズ、同一形状
・Awdflash バージョン7以上の時は、実行時に/Fオプションを付ける
・ASUS社のAflashを使う時は、BIOSデータが自身のものと異なるというメッセージが表示された時に、そのまま実行を選択
・AMI Flashを使用する時は、ROM切り替え時にMainメニューで、Auto Detectを実行します
まず、RD1に自身のマザーボードのBIOSのバックアップを行ってから、オリジナルROMを取外し、更新に失敗したROMを載せて、RD1のバックアップBIOSから起動してスイッチを切り替えた後、フラッシュユーティリティを実行します。
RD1へのROMの抜き差しや、RD1自身のシステムへの頻繁な抜き差しは接触不良の元となるため推奨しません。
このQ&A項目は弊社のRD1としての性能保証の対象外となります。ご自身に責任においてご利用ください
 
 RD1を複数重ねて使用できますか?
使用可能です。
RD1-1M 、 RD1-2Mの場合、3段まで重ねて動作させた実績があります。
このQ&A項目は弊社のRD1としての性能保証の対象外となります。ご自身に責任においてご利用ください
 
 2Mbitのシステム上でRD1-2Mを持っています。この上で1MbitのROMの書き込みができますか?
動作したマザーボードとROMの組み合せもありますが、必ず可能とは言えません。
このQ&A項目は弊社のRD1としての性能保証の対象外となります。ご自身に責任においてご利用ください
 
 1Mbitのシステム上でRD1-1Mを持っています。この上で2MbitのROMの書き込みができますか?
2MbitのROMをアクセスできるようなシステム設計であれば可能です。
このQ&A項目は弊社のRD1としての性能保証の対象外となります。ご自身に責任においてご利用ください
TOP | 選択チャート | 選択シート | 装着方法 | 使用方法 | BBS | 動作LIST | FAQ | ヒント



IOSS PC関連製品のご購入は直接IOSSの「オンライン・ショップ」でどうぞ
Copyright 1996-2007 IOSS International Co.,Ltd. All rights reserved.
Contact