IOSS Enjoy Your PC Life with IOSS Products!   WEB SHOP
  home > Japanese > RD1 BIOS Savior > How to install
Sub-Category

 DIP TYPE

 PLCC TYPE


 
 
 
TOP | 選択チャート | 選択シート | 装着方法 | 使用方法 | BBS | 動作LIST | FAQ | ヒント


装着の方法はご使用のマザーボードのBIOS ROMの形状により異なります。 形状の確認は、 パソコン内部のマザーボードを見て、以下のような長方形あるいは、18mmx20mm程度のソケットに装着されていて上にシールの貼ってあるチップを探します。(シールは貼られていないこともあります)

PLCC TYPE DIP TYPE
上記のような形状で、18mmx20mm程度のソケットに潜り込んだタイプの製品はPLCCと 呼ばれるタイプで、RD1-PLまたはRD1-8Xが対応されます。完成品ブランドパソコンでは 比較的多く使われていますが、DIY向けでの採用はIntel社の810, 820, 840シリーズの チップセットを搭載したマザーボードが増えてきたこともあり、急速に増えてており 約3割を占めるに至っています。 また、一部のマザーボードでは、PLCCのチップを直接マザーボードにはんだ付けした ものもあります。先のDIP形状の場合同様、こういった物には対応できません。 上記のような形状で、ピンの数が32本のものであって、ソケットに入っているのであれば 形状はRD1-1MまたはRD1-2Mが対応されます。こういった形状をDIPと呼びます。 現在市販されているDIY向けマザーボードの約7割はこの形状で、ソケットに入っています。 DIP型であってソケットに入ってないものは、まず見かけませんが、もし、このチップ自身 のピンの周りにハンダが付いているものは、「RD1 ROM焼き だいじょうぶ!」では対応 できません。
「PLCC TYPE」の場合は
こちらをクリック
「DIP TYPE」の場合は
こちらをクリック

(注意)
アップデートBIOSは、お使いのマザーボードメーカーあるいは、パソコンメーカーのホームページに御自身の持っている更新されたBIOSが掲載されているか確認します。この時、BIOS更新ユーティリティも併せて公開されていることを確認します。特に486CPU時代前期の古い機種ですと、BIOSのデータは公開されているものの、更新のユーティリティが無い物があります。これらの場合は、「RD1 ROM焼き だいじょうぶ!」でなくても、専用の機材がない限りBIOS更新ができません。一般的に、DIY向けで市販されている過去3年以内のマザーボードのほぼ全てが、ユーティリティによる更新を可能にしています。

TOP | 選択チャート | 選択シート | 装着方法 | 使用方法 | BBS | 動作LIST | FAQ | ヒント



IOSS PC関連製品のご購入は直接IOSSの「オンライン・ショップ」でどうぞ
Copyright 1996-2007 IOSS International Co.,Ltd. All rights reserved.
Contact