IOSS Enjoy Your PC Life with IOSS Products!   WEB SHOP
  home > Japanese > RD7 TFC
Sub-Category


 
 
 

VICS RD7-TFC


VICS RD7-TFC

RD7-TFC セット内容



PCの稼動状況(温度変化)に応じて最適な冷却能力を与えることにより、静音化とオーバーヒート対策と いう背反する2つの問題を高次元でクリアしました。


RD7-TFCなら、一度セットすればフルオートで、季節を問わず、冷暖房による部屋の温度変化に左右されない、 静粛かつオーバーヒートに対して安全なPC運用が可能です。
更に、話題を呼んだRD7-CA Cooling Afterの機能をまるごと継承し、シャットダウン後の予熱排除機能も搭載しています。


このタイプは外気温の変化や発熱源の発熱量変化(CPU負荷アップなど)に対応できないため、
「冷却能力を重視して高回転にセットすれば、ファンノイズが増大する」
・・・ または ・・・
「静音性を重視して低回転にセットすれば、オーバーヒートの危険性が高まる。」
といったジレンマに陥ってるユーザーも多いのではないでしょうか?

RD7-TFCは添付された温度センサにより、対象の温度をリアルタイムに計測し、ユーザの選択したファン速度(出力電圧) パターンの中から、その温度に対応した速度を出力します。 ファンの速度コントロールを自動で行うのですが、その速度変化パターンをユーザの好み(利用用途)に応じて8つのパターン から選択することが出来ます。温度変化に機敏に反応するモードや、より静音性を重視したモードなどを用意しています。

特性カーブの推奨設定
A,B,C,Dは主にケースファン向け。E,F,G,Hは主にCPUファン向けです。CPUヒートシンクの性能が良いものほどより緩やかな特性カーブを選択してもよいでしょう。ただし、センサの設置場所や、CPUの発熱性能、その他周辺機器の発熱量やセンサの位置などにより、必ずしもこの推奨通りが正しい設定であるとは限りません。





温度センサー内蔵ファンの場合、センサーは一般的にファンの中央部に内蔵されています。
ファン周辺の温度が上昇してはじめて回転数が変化するため、発熱源の温度変化に対してレスポンスが よくありません。

RD7-TFCにはセンサ固定用の-20-+125℃まで耐える専用耐熱シールを添付しています。 これを使用し、CPUクーラーのCPUコアに近い部分にセンサを固定することにより、レスポンスのクイックなファンコントロールが 可能になります。





現在市場に出回っている温度センサー内臓ファンコントローラーには一般的に次のような問題点が見受けられます。
1)温度センサー固定方法についてよく考えてない。
2)センサー固定テープの耐熱性が甘い。
3)温度変化に対してファン速度パターンが1種類であり、CPUクーラー、ケースファンといった、基本温度の違う部分に対してマッチングしていない。

前述のセンサ固定に関るアドバンテージに加えて、RD7-TFCは、2つの独立したファンコントロール系統を持っています。 RD7-TFC1つで、CPUクーラーとケースファン、CPUクーラーとHDDクーラー、CPUとビデオカード冷却ファン等、 それぞれ独立した速度パターンを設定することが可能です。


Cooling After機能:  RD7-TFCに搭載された、Cooling After部分の機能については、パソコンをシャットダウンしてからもファンを回しつづけ、余熱を強制的に放出するもので、どのユーザも今まで気づいていなかった、電源オフ後のパソコン内部およびCPU温度上昇を押さえ、速やかに冷却をすることで、パソコンの寿命を長くするものです。電源オフ後の動作というポイントは従来の周辺機器、冷却デバイスにないまったく新しいコンセプトの機能です。詳細はこちらをご覧下さい。

RD7-TFC

どうか、充分に納得の行くまで、他社製ファンコントローラーと比較検討して下さい






IOSS PC関連製品のご購入は直接IOSSの「オンライン・ショップ」でどうぞ
Copyright 1996-2007 IOSS International Co.,Ltd. All rights reserved.
Contact